地に足着いて   

また長らく間が空いてしまいました。

7月7日に次女が生まれてから瞬くように過ぎた一ヶ月!
やきもきした海外からの産院予約でしたが、スピード出産だったので
偶然近くの病院が受け入れてくれて本当によかったです。

いまだに引越しの片付けが滞ったたままですが、
新たな4人家族となり、生活も整ってきて、
ようやく地に足を着いた気持ちになりました。

幸い近くに大きな遊具のある公園があり、子育てのしやすそうな地域。
少しずつ溶け込んで、友達も増えていけばな~と思います。

------------------
さて、しばらくはPCを触ることもままならぬ生活が続きそうなので、
このブログはこれにてお開きにすることとします。

渡米をきっかけに手探りで始めてみた、記録のためのブログ。
ネットの悪いイメージにあれこれ不安も抱きながらでしたが、
ここを通じて教えてもらえたり、励ましてもらえたり、
お友達ができたりと予想以上のいいことばかりでした!
ブログを作ってみて本当によかった!
接してくださった多くの方々に感謝しています。

渡米前は特に関心がないアメリカという国でしたが、
皆さんのおかげでアメリカ生活を楽しめて、
第二の故郷のように思えるようになりました。

Rockvilleでの日々を胸に
日本の方が良いことは感謝の気持ちで、
アメリカの方が良いことは見習いつつ、
新たな生活を歩んでいきたいと思います。

いつか故郷に行けますように…。
現地の皆さま、これからも素敵なアメリカンライフをお楽しみ下さいネ!
 
 読んで下さった皆さま、どうもありがとうございました。


※しばらくは閉めずに時々メールもチェックします。
------------
◆オマケ~アメリカmyみやげベスト3◆
 買って帰ってよかった!と思えるツカえるみやげ
①Calphalonのフライパン
 フッ素加工より丈夫な材質で、焦げずに早く火が通る。お好み焼きがきれいに早くできて驚き!
 日本で1万円超→Bed&Bathにて2本$50

②子供服・靴・オモチャ
 子ども用品は毎年買出しに行きたいくらい!カラフルでポップなデザインも好み。

③アメリカアルバム
 子どもの成長記録を兼ねてネットで作った思い出アルバム。『はらぺこあおむし』のデザインで作れるのもアメリカならではかも。写真の現像、カード作りなどCVSよりも安いです。
参考→http://www.kodakgallery.com/Welcome.jsp
[PR]

# by oskey | 2009-08-21 01:29 | 準備~帰国

帰国時の落とし穴   

アメリカで陥った数々のハプニング…。
2年近く住んでいたから、すっかり手馴れたわー、とはならず最後まで油断大敵。
やはり一通り経験しないと、一筋縄ではいかない異国生活でした。

ということで、解決した今だから書けるドキドキした落とし穴。

①退去通告にご注意!
そろそろアパートの退去日を管理事務所に伝えておこうか、
と予定日の1ヶ月以上前に立ち寄ってみたある休日。

「あなたたち、退去日の60日以上前の月初に言わなかったからその分家賃かかりますからね。」
と言われ、とたんに奈落に落とされたような事態になってしまいました。
最初にサインした契約書類にその旨が書いてあるのも見せられ…。
(といっても、渡米当日にたくさんサインした書類を確認する余裕なんてないですよねぇ…)

それからは「なぜもっと前に言っておかなかったんだ」
「英語を話す勇気を出しておけば…」と自己嫌悪の日々。
なにせ2ヶ月分の家賃は「ま、いいかー」じゃ済まない額です。

唯一の希望は「住人が決まれば払わなくていい」とのこと。
(自分で探しても、偶然来た人が契約しても)
夫が「誰か住みたい人が来たか?」としつこいくらい事務所を訪れていたら、
帰国ギリギリに決まったという朗報が~!!

もし決まらなかったら、後味の悪い帰国になっているところでした。
日本のジョーシキにとらわれての大ミス。
これから帰国が決まっている方は、念のためカレンダーの3ヶ月前にメモしておくと良いでしょう。

②入らない引越し荷物にご注意!
ヤマト運輸の“単身パック”で第1便を送り出したあと、さて、箱に入らなかった長い物、大きな物はどうしよう…とさんざん運送会社のホームページを調べました。どこも「3辺の長さが合計160cm未満」など制限が小さすぎ。アメリカの運送会社ならOKの所もありましたが、「日本の港まで」で、港からは自分で手配しなきゃいけなかったり。

最後はまたヤマトに相談すると、“引越しパック”の縮小版とでもいうのでしょうか。いろんなサイズの箱を用意してくれ、合計のサイズで値段が決まる(1立方mなら○ドル、など)方法で2便を出すことができました。品物の寸法を測って見積りをメールすると、おおまかなサイズと値段を出してくれます。

そうそう、日→米では×でしたが、米→日だと生ものではない食品を送れるんですよね。
安くて種類豊富なスパイス、気に入っていたコーヒー、ジャムなどを詰めました。

③本籍地にご注意!
これは帰国後の話ですが、新しい住所で住民票を作るとき、海外移住していたことを証明する物が必要です。それが本籍地の戸籍抄本(住所変遷の記録)と、パスポートの日本への入国スタンプ。
移住のため住民票を抜く手続きをすると、記録が戸籍に残されるものなんですねぇ。

簡単に取りに行ける場所ならいいのですが、郵送も時間がかかるので、
もしも遠くに本籍を置いていたらタイヘンだった!と思いました。

★Inspectionはセーフ
夫に任せてきた帰国手続きの中で、不安だったのがInspection。退去日に部屋を見せ、掃除・修理代をチェックしてもらうという手続き。子どもがお風呂で遊んだクレヨンの跡だけは頑張って消したものの、最後は掃除よりも友達に会ったりお土産を買ったりするのを優先してしまい…。カーペットのシミ、壁の画鋲程度の穴、引っかき傷、折れたブラインドなど、どのくらい料金を取られるか心配でした。でも思ったより寛容で、取られたのはオーブンの掃除代$20だけ!よかった~。

ちなみに、アメリカの洗剤は強力すぎて怖いので酢を使ってみたら、バスルームのタイルのカビ、ステンレスの曇りなどいろんなところに効きました。
[PR]

# by oskey | 2009-06-29 18:52 | 準備~帰国

日本リハビリ   

長らく住み慣れた日本。
「懐かしいな~」とすぐ溶け込めるつもりで帰ってきたのですが、
最初は予想外に日米の大きなギャップに刺激を受け、疲れてばかりいました。

日→米では、英語の壁が疲れのモトでしたが、
米→日では、視界に入るものが大→小になった目の疲れから、しばらくは頭痛。
そして湿気が多い空気に鼻がムズムズ。
鼻風邪っぽい症状と時差ぼけで、いくら寝ても眠い毎日でした。

アメリカと比べて、こんなに身の回りの規格が小さめだったなんて!
私自身大きめなので、急にいろんなことをやりづらくなりました。
もとは日本で不自由を感じなかったので、慣れるのでしょうけど…。

でも逆に、こんなに日本の方が良かったんだ!
アメリカに行ってなきゃわからなかった!と気づいたことも。
帰国直後に感じた、そんな日米ギャップをメモしておきます。

★道路が明るい!
 車道のすぐ側に建物があるし、ライトの数も多くてとても明るく感じました。

★でも車線が狭くて怖い!
 日本の車は規格が小さい上、すぐ隣をトラックがすれ違ったり、建物が迫っていたりでヒヤヒヤ。

★細い歩道も怖い!
 白線がこんなにギリギリに?!と引いてある狭い歩道ってアメリカにはありませんでした。
 すぐ側を車が通るし、マンホールが出ていたり、排水溝の蓋に穴があったり…私も子どもも不慣れで一苦労。

★洗面台が低すぎ
 空港で最初に入ったトイレで「子供用トイレだった?!」と勘違いするくらい低く感じました。
 
★台所等も低くて、ついでにテーブルの規格も低めだとは。子どもが余裕で届くのが難。

★子どもは家の中の段差に慣れずによくコケる。

☆サービスが細かい、丁寧♪
 アメリカでは「聞かれないことはわざわざ言わない」という対応でしたが、日本では「もしこういう場合はこうして…」と気づかない所まで気づかってくれる対応なので感心します! チップあげたくなっちゃいます。

☆食事が安い♪
 アメリカと比べて外食や出前がとっても安いです。 出前なんて、チップなしなのに容器を取りに来てくれるなんて、日本ならではのエコ&親切じゃないかしら? でも量は大盛りを頼まないと足りないのだけど…。

☆野菜・果物がみずみずしい♪
 トマトなんてジューシーで甘くて果物みたい。この格差にはビックリしました。
 湿気が多くて困る反面、農作物は水気たっぷりにできるのかな?
[PR]

# by oskey | 2009-06-21 00:59 | 準備~帰国

ようやく開通!   

ひゃ~! 帰国後だいぶ間が空いてしまいましたね。
私は豚インフルにもかからず(帰国時の日本は連日大騒ぎでしたがもうどこへやら)、
そろそろ来そうな出産を目前に元気で過ごしています。
娘も最初は新しい人や環境に緊張の連続でしたが、なじんできたようです。
でも友達を思い出しては「〇ちゃんは、アリカマ?(アメリカのこと)」とか、
「いこっかー?バイベイビー(BuyBuyBabyのこと)」などと言っています。

こんなに間が空いたのは、長いことネットがつながらなかったのです!!
こういう対応に素早い日本のはずが、申し込んでから3週間もかかってしまいました。

いやー、ネットがないと本当に不便ですねぇ。
生活準備をしたくても店の場所や、手続きの方法がわからない。
TVもないと、日本の情報は新聞だけ。
おまけに遊び盛りの2歳児がいて、腹デカだと近所にちょっと買い物に行くだけで精一杯。
帰国後、時間がたったようでいてまだまだ不便な生活中ですし
あまり日本になじんだ感じもまだしません。

 アパートのプールにまた入りたいな~
 アメリカン・アイドルは誰が優勝したかな?(沢田研二っぽいロッカーを応援していたんですけど)
 BravoTVの“Fashion Show”(Project Runwayの模様替え番組)を見たかったな~
 Trader's JoeのアップルソーセージとFive Guysのバーガーをまた食べたいー

…って、こりゃホームシックですね。
今すぐRockvilleに帰れと言われたらホイホイと帰ることでしょう。
またご近所のみんなと会っておしゃべりしたいよ~。

日本を楽しめるのは出産が落ち着いてからかな?
[PR]

# by oskey | 2009-06-19 23:43 | 準備~帰国

フライト準備   

気がつけば5月8日の帰国目前になってしまいました!
もう今週中に日本の地を踏むなんて信じられません。

それにしても、豚インフルエンザ騒ぎで面倒な時の帰国。
成田空港はマスクだらけ! メキシコとアメリカからの便は、厳重警戒されそうですし・・・。
長時間のフライトを経て一番眠い時間に着くのに、さらに検査のため足止めなんて、
子どもと2人きりで過酷なことにならないといいのですが><

c0125613_7103259.jpgニュースを見るたびに日本の過剰反応ぶりが怖ろしくなってきます。アメリカ帰りなんて当分日本では言えないわネー。そして子どもにたまたま熱があったら、どうされるかわからないので気をつけなければ!(雨続きで不安)

←家にあったアメリカのマスク。顔半分覆うほどのビッグマスク! コレ使うのか?!
c0125613_7124213.jpg
英語の先生からいただいた子どもの塗り絵。筆を水に浸して、ドット部分を塗ると色が広がる塗り絵のようです。筆1本あればOKなので機内で便利!
c0125613_7162475.jpg塗り絵の隣はステッカーブック。塗り絵にシールを貼って楽しむようです。どちらもオススメと聞いていた機内グッズですが、探してもわからず、探す時間もなくなり、とてもありがたいプレゼントでした(薄くて荷物にならないのも◎)。
当日まで子どもから隠して、お楽しみ~。
c0125613_721211.jpgオモチャでも間がもたなくなってきたら、ロリポップキャンディーの出番! Trader Joe'sのオーガニックキャンディーは凝縮されたフルーツの味がとてもジューシー。お友達が娘にくださり、おいしいので私も買ってみたら、「ア、コレ、〇〇サンガモラタヨー。オイシイネェ~」とよほど記憶に残るオイシサだったようで。

さあ、こんなもんで大丈夫か?! まだまだ自信なし…。
[PR]

# by oskey | 2009-05-04 18:31 | 子供-baby/toddler